内面からメンタルを支える

自律神経のバランス改善

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り、いつも対になって体を運営しています。ストレスを感じたときは、交感神経がメインになって体を調整する仕事に従事します。また、くつろいでのんびりした状態のときは、副交感神経が頑張って体を支えています。人の手によってマッサージを受けるという行為は、人の体にすばらしい癒しの効果をもたらします。体に癒しを感じると、副交感神経が元気な状態になります!

マッサージを受けることにより体が癒しを感じて、副交感神経が活発になると、身体はリラックスした状態になります。身体がリラックスした状態は、心のリラックスにもつながっていき、心身ともにくつろいだ状態へとあなたを導くでしょう!

ストレスからの解放

人間はストレスを感じることによって、体のホルモン・バランスが変化し、コルチゾールという副腎皮質ホルモン(ストレス・ホルモン)の値が上昇します。

マッサージを受けることによって、コルチゾール値を減らすことが期待出来ます。そして、精神の安定、感情や気分をコントロールすることに深く関わる物質のセロトニンや「意欲」「運動」「快楽」に関わる物質であるドーパミンが増加することが分かっています。また、家族などとのスキンシップや信頼関係に深くかかわる安らぎホルモンのオキシトシンの値も増やすことが出来ます。

簡単に言えば、マッサージはネガティブなイメージを感じさせるホルモンを減らし、ポジティブなイメージを感じさせるホルモンを増やすことが出来るのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る