気軽に出来る、美味しい健康法

キシリトールの効果的な使い方

キシリトールガムやタブレットを常用する

虫歯にならないようにする為には、規則正しい食生活や正しいブラッシングが必要不可欠になります。
それにプラスして、キシリトールガムやタブレットを継続して使用するとさらに効果的だと思います。
こういうガムやタブレットはお菓子の部類に入るので、食べるとしたら食間になるのではないでしょうか。
しかしキシリトールが含まれていれば良いのかといえばそういうわけでもありません。何故ならキシリトールガムやタブレット以外の、キシリトールが含まれたお菓子(ケーキやジュースなど)には砂糖などの甘味料も含まれているからです。
キシリトールガムやタブレットには、キシリトールの割合が50%以上のものが多く、噛むことでよりお口の中にとどまる時間も長くなります。
ただ、同じキシリトールガムでも、砂糖の割合の方が多いものもあるので、糖類の成分表示を注意して見て購入されることをお勧めします。

歯科定期検診で専門家の指導を受ける

キシリトールが虫歯予防に効果があるのはもはや常識とも言えますが、自己流でキシリトールを使用するには限界があると思います。
良かれと思ってキシリトールガムやタブレットを毎日食べていたら、お腹を下したり少し気分が悪くなったりすることもあるかもしれません。あとはかえって歯が痛くなるなど。
それで自分には合わないと思って食べるのをやめる前に、一度歯科医院で定期検診を受けてみることをお勧めします。
実はいつも食べているキシリトールガムの量が適量を超えていたりすることによる体調不良かもしれませんし、磨きすぎによる知覚過敏であることもあります。
何事もやりすぎは良くないので、適量を知ることも大切です。
しっかり磨いていたつもりでも、意外なところが磨けていなかったりもするので、歯の健康のために、歯科定期検診を受けられることをお勧めします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る