気軽に出来る、美味しい健康法

キシリトールという物質の働き

キシリトールが虫歯を防ぐのは何故か

キシリトールが虫歯を防ぐ理由は、様々あります。
一つは、糖アルコールの持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用です。唾液が酸性に傾いた口腔内を中性化する効果があるということは割と知られていますが、キシリトールを含めた糖アルコールにはその唾液の分泌を活性化させる作用があるのです。
歯の再石灰化というのは、酸で溶け出したエナメル質に含まれるカルシウムイオンやリン酸イオンを、糖アルコールにより再び歯に戻して結晶化することを言います。まだ溶け出した量が少ない初期虫歯では、再石灰化によって治すことができるということです。
歯科医も、なるべく歯を削りたくはないので、初期の虫歯は削らずブラッシング指導に留めることがほとんどになります。
虫歯があるなら痛くないうちに削って治してほしいと思うかもしれませんが、削らずに治る可能性があるうちは、削らない方が将来的には良いと思います。

キシリトールだけが持つ効果

虫歯予防に唾液の分泌促進と歯の再石灰化が効果があることはおわかりいただけたかと思います。
それでは、キシリトールだけが持つ虫歯予防効果にはどのようなものがあるのか、説明していきたいと思います。
キシリトールだけが持つ効果とは、歯を溶かす酸を作らないことと、歯垢に含まれる酸を中和すること、虫歯菌の代謝の阻害です。
唾液分泌の促進と再石灰化作用も充分に虫歯予防に効果はあるのですが、実は唾液そのものには虫歯菌の数を減少させる効果はありません。
キシリトールガムやタブレットを噛むことで、唾液の分泌だけではなく、虫歯菌の発生の抑制効果が高くなるので、キシリトールは虫歯予防に効果が高いとされているのです。
キシリトールは甘味料でもあるのでとても甘くて口当たりも良いお菓子になります。ついでに咀嚼による満腹感も得られるため、ダイエット効果もあるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る